二重まぶたの整形は保険適用外となり手術の種類により費用が違います。

二重整形の手術方法別費用

散らばったお金

二重手術には、大きく分けて「埋没法」と「切開法」があり、さらに細かい術式や、糸の留め方によって費用が変わります。

 

また、埋没法はメスを使わないため、元に戻る可能性があります。
このような元に戻る事がある美容整形は、「プチ整形」と呼ばれています。

 

それでは、それぞれの特徴と費用について、チェックしていきましょう。

 

埋没法

まぶたを糸で結んで二重を形成する埋没法は、まぶたを切らずに二重が作れるため、人気の手術です。

 

埋没法には、「挙筋法」と「瞼板法」の2種類があり、糸を何か所で留めるかによって、費用や二重の持続力が異なります

 

留める数が多いほど、費用は高くなり持続力は増すとされていますが、手術のための針穴や糸の跡が目立ってしまうリスクも大きくなります。

 

挙筋法について

 

挙筋法(きょきんほう)は、まぶた皮膚と裏側の挙筋(まぶたを開くための筋肉)を糸で結ぶ手術です。

メリット
・まぶたが厚い人でも二重を作ることができる
・角膜を傷つける心配がない
・瞼板法よりも取れにくい

デメリット
・執刀医の技術力やセンスで仕上がりが左右されやすい
・眠たそうな目に仕上がる可能性がある

 

【糸の留め方別費用相場】

糸の留め方 費用相場
1点留め 5万~7万円
2点留め 7万~10万円
3点留め 10万~15万円

 

瞼板法について

 

瞼板法(けんばんほう)は、まぶたの皮膚と内側の瞼板を糸を結ぶ手術です。

メリット
・執刀医の技術力やセンスで仕上がりが左右されにくい
・挙筋法よりも腫れにくくダウンタイムが短い

デメリット
・慣れるまで目がゴロゴロする可能性がある
・角膜を傷つけるリスクがある

 

【糸の留め方別費用相場】

糸の留め方 費用相場
1点留め 3万~5万円
2点留め 5万~7万円
3点留め 7万~10万円

 

挙筋法と瞼板法糸の留め方

 

1点留め

まぶたを糸で一か所留める。まぶたが薄い人や、すでにうっすら二重のラインがある人向け。幅広の二重は作りにくい。

 

2点留め

まぶたを糸で2か所留める。幅広が広い二重を作れる。

 

3点留め

まぶたを糸で3か所留める。幅広広い二重を作ることができ、糸がとれにくい。

 

切開法

まぶたを切開して二重を形成する切開法は、元に戻る心配がなく永久的な二重を手に入れることができるため、人気の手術です。

 

また、まぶたの厚さや皮膚の状態にかかわらず、好きな二重のラインをデザインできるというメリットがあります。

 

切開法には、「全切開」と「部分切開」があります。

 

全切開について

全切開は、目頭から目じりにかけて、二重のラインにそって切開し、皮膚を糸で縫う手術です。
まぶたが厚い場合は、同時に脂肪を除去して術後約1週間で抜糸を行います。
費用相場は、25~50万円です。

メリット
・ぱっちり、くっきりとした二重が作れる
・まぶたを大きく切開し余分な脂肪をとるため、すっきりとした目になる

デメリット
・一度切開すると、元に戻すことができない
・ダウンタイムが一番長い(2週間から1ヵ月以上)

 

部分切開について

部分切開は、まぶたの中央部を部分的に切開して皮膚を糸で縫い、術後約1週間で抜糸を行う手術です。
費用相場は、20~30万円となります。

メリット
・ぱっちり、くっきりとした二重が作れる
・全切開と比べ、ダウンタイムが短い

デメリット
・一度切開すると、元に戻すことができない
・全切開と比較すると、取れる脂肪の量が少ない
・効果は半永久的だが、ごくまれに取れてしまうことがある

 

予算も考えて自分に合った手術を選ぼう

二重整形の予算を考える女性

切開法は、クリニックによって費用に開きがありますね。
まぶたの状態やなりたい二重によって、適切な手術方法とその費用が決まります。
予算も考慮したうえで、自分に合った手術を選んでみて下さい。

ページの先頭へ戻る